日本最古 みやこ 七福神参り

人々の心の拠りどころ 掛軸 七福神

七福神とは、恵比須、大黒天、弁才天、毘沙門天、布袋和尚、福禄寿、寿老人の7人の福の神様のことです。

京都は七福神信仰の発祥の地といわれます。
福神信仰は、室町時代における京洛の民間信仰で、その神として恵比須神と大黒天が
「えべっさん」、「大黒さん」と親しみを持った呼び方で、町衆の間で広まりました。



福神信仰の思想は、古代社会からすでに根差していたようです。


古代の人は、海からやって来る神が、人の世に幸せをもたらすとされ、
海辺の漁民や農民の生活に息づいていました。


その神が財宝の神として崇められるようになるのが、
室町時代の京洛における商工業の発展にあります。


商売繁盛、開運を願った福神信仰が商工業者の世界に深いつながりをもつに従って、福の神は
多い方がよりご利益があるということか、それまでの二神が七神となり、七福神が誕生しました。


なぜ、七福神なのかについては定かではありませんが、
当時、書院の床掛けの題材として好まれた「竹林の七賢人」にならったとか、
仁王般若経の「七難即滅(しちなんそくめつ)、七福即生(しちなんそくしょう)」、
すなわち七つの災難がたちまち消滅し、七つの福がたちまちやってくる、
を出典したとかの諸説があります。



福神信仰は、室町時代末期における京都の民間信仰で、
その神として恵比須神と大黒天がからはじまりました。

室町時代の末期の京の庶民の間には、福の神信仰が広がっていました。

応仁の乱(1467〜77)などの戦乱の時代であり、武士だけではなく、庶民も疲弊しており、
福の神を求める気概があったようです。

それと同時期に、商工業の発展にあります。

庶民が蓄えをできるようになった時代でもありました。

庶民が個人の富を願うようになってきたのです。

古代人は、神様は海からやってくる、そして人の世に幸せをもたらす、そう考えられ、
海辺の漁民や農民の生活に息づいていました。

商売繁盛、開運を願った福神信仰が商工業者の世界に深いつながりをもつに従って、福の神は多い方が
よりご利益があるということか、それまでの二神が七神となり、七福神が誕生したと言われています。

還暦のお祝い、古希のお祝い、そして、海外土産に最適品

『京都の七福神の朱印が欲しい。』
『贈り物にしたい。』
でも、京都へこられない。

そこで、掛軸+代理参拝+朱印 をセットにさせて頂きました。

別途オプション  掛軸化粧箱 桐箱 ラッピング については
お問い合わせ下さい。

■掛軸詳細

納経帳では飾れない、本格掛軸は高すぎる

お遍路さんのご要望から生まれた新商品

お手軽価格とそのまま飾れる「一石二鳥」

・・・・・特製布地に表装模様を高彩色印刷・・・・・

書き込む部分の廻りに、掛軸の表装柄がプリントしてあるため、
集印すればそのまま豪華な家宝軸の出来上がり。

◆七福神洛楽軸
この表装ごと持って、七福神巡礼ができます。
専用の収納ケース入り

●幅54.5×134.5cm
●本紙:特製布地
●軸先:合成樹脂
●収納ケース付

京都七福神 めぐり『福』『寿』『財』の三つの徳をもたらす七福神

満福寺 布袋和尚
●布袋和尚

背負った大きな袋から、人々に財運を授ける。

開運・良縁・子宝の神様≪大量≫

東寺(教王護国寺) 毘沙門天
●毘沙門天

勇ましい武将の姿で仏法を守護し、福徳を授ける。

勝負事の神様≪威光≫

六波羅蜜寺(ろくはらみつじ) 弁財(才)天

弁舌・音楽・学問を司る美しい女神学問と財福の神様≪愛敬≫

えびす神社 恵比須
●恵比須

商売繁盛の神様として広く親しまれている。

商売繁盛の神様≪清廉≫

革堂(こうどう)行願寺 寿老人
●寿老人

長寿と智恵を司り、天下泰平と反映をもたらす。

長寿と幸福の神様≪寿命≫

松ヶ崎・妙円寺 大黒天
●大黒天

打ち出の小槌を振り人々に財運をもたらす。

豊作の神様≪有徳≫

赤山禅院(せきざんぜんいん) 福禄寿
●福禄寿

幸福・財運・長寿をもたらす福神

福徳長寿の神様≪人望≫

※商品画像の色味は媒体の特性上、現品と多少異なる場合がございます。

他の写真

日本最古 みやこ 七福神参り

販売価格: 28,000円(税込)

在庫あり
数量: